通販はハイリスクハイリターンな買い物かも

通販は実店舗以外で買う買い物のスタイルで、具体的にはテレビショッピング、ラジオショッピング、新聞雑誌広告、そしてインターネットサイトとなります。
21世紀の現在はいつでもその情報にアクセスし注文決済ができるインターネットサイトが台頭しています。
これらの通販はいずれも目の前に商品がないために実際に見て触って確認ができないし、注文した商品も後日配送という形で入手となります。
しかし実店舗を全国各地に設置運営しないで済むために、その経費を抑えられて商品代金を安くできる利点があります。
それのために実店舗を介さずして買う人が増えています。
この通販では実店舗ではなかなか売れにくいような商品でも取り扱っていて、これも売り上げ拡大を後押ししている要因の1つとなっています。
ただし注文した商品は配送という形で入手となるために送料の問題が発生します。
送料は販売業者の商品がある拠点と自宅の距離次第で変動します。
いずれにしても送料の問題があるために、何百円程度の少額商品だと送料含めたトータルコストでは実店舗での買い物に比べて、却って割高になる場合もあります。
そのため送料含めてトータルコストで有利になるのは何千円以上もする高額商品が多くなります。